電話 048-885-4146(ははこよいしりょく)

アクセス

埼玉県さいたま市浦和区瀬ヶ崎 3-1-25

北浦和 眼科 たかしまアイクリニック 白内障 緑内障 コンタクトレンズ

多焦点眼内レンズ(先進医療)

先進医療 多焦点眼内レンズについて 詳しくはこちら

アイクリブログ

日帰り白内障手術 専門外来 たかしまアイクリニック

MOBILE SITE 上記QRコードよりモバイル専用ページがご覧いただけます。

多焦点眼内レンズとは

白内障の手術で目の中に挿入する眼内レンズには、大きく分けて「単焦点眼内レンズ」と「多焦点眼内レンズ」の2種類があります。

単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズの見え方

一般的に使われることの多い単焦点眼内レンズは、ピント(焦点)が遠くか近くのどちらかだけに合うよう設計されています。そのため、術後、ピントが合わない距離をくっきりと見るためにはメガネが必要になります。

わかりやすい例をあげてみましょう。ピントが遠くに合うレンズなら遠くの看板は見えますが手元の新聞が読みづらく、近くに合うレンズなら手元の新聞は読めますが遠くの看板が見づらい、ということになります。

一方、多焦点眼内レンズは、遠くと近くの両方にピントが合うよう設計されており、そこが単焦点眼内レンズとの大きな違いです。つまり、遠近ともにメガネがなくても見やすいということです。

また、白内障の手術において、単焦点眼内レンズを用いた場合には健康保険が適用されますが、多焦点眼内レンズを用いた場合には、いわゆる「先進医療」扱いとなり、健康保険が適用されないことも違いの一つです。

先進医療とその費用

多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は、先進医療に指定されています。

先進医療とは、一般的な医療水準を超えた最新の先進技術として厚生労働大臣が承認した医療行為のことで、これを適切に実施できると厚生労働大臣が承認した施設で受けることができます。当院はこの承認を受けており、多焦点眼内レンズを希望される患者さんにも安心して受診していただけます。

これまで、健康保険が適用されない医療を一部でも治療に取り入れた場合、本来健康保険が適用されるものに関しても全て自己負担となっていました。先進医療では、先進技術関連の医療行為にかかった費用には健康保険が適用されず全額自己負担となりますが、診察や検査、薬剤といった基礎的な医療行為にかかった費用には健康保険が適用されます。たとえば、多焦点眼内レンズを用いた白内障手術においては、手術と眼内レンズにかかる費用が全額自己負担の対象で、それ以外の検査などに関しては健康保険が適用されます。

多焦点眼内レンズの術後経過

多焦点眼内レンズは、遠近ともにピントが合うという特徴を持っています。では、術後の経過における実際の見え方はどうでしょうか。主に以下のような特徴があります。

  • 多くの方は、メガネの必要性が軽減されます。また、メガネが全く不要になる方も少なくありません。
  • 見え方に慣れるまで、数ヶ月程度かかる場合があります。
  • 遠くでも近くでもない中間の距離など、一部見えにくい距離が生じる場合があります。その際にはメガネが必要になります。
  • 夜間や暗い場所で、車のライトや街灯がまぶしく感じられたり(グレア現象)、にじんで見えることがあります(ハロー現象)。個人差はありますが、通常は3ヶ月程度で感じなくなることが多いようです。
  • 薄暗い場所では、文字などが若干見えにくい場合があります。
PAGE TOP